『お金を稼ぐことが好き』

 

 

 

 

 

件名:『お金を稼ぐことが好き』

Facebook集客の達人
日本NO.1LINEコミュニティ運営者
熊澤です

=============

=============

【熊澤コラム】

※1円戦略はなぜうまいのか?

音声

最近よく見ますが、言われてみれば、改めて『頭脳的キャッチコピーだな〜』と、感心させられる価格表記の方法です。

多くの業界で、同じ戦法が使えるはずなのですが、どういうわけか、私は『とある業界』でしか見かけたことがありません。

その業界というのは『紳士服業界』です。

最近毎日着ることが多くなり、有名ブランドから大手チェーン店にまでフラッと行く機会が増えて気づいたのですが、気になるのはその価格表記の方法です、それは・・・

『スーツ2着目1円』です!!

一般的表現なら『2着で〇〇円』とするはずですが、『2着で〇〇円』とするより、何せ高いはずのスーツが『1円で買える』と言う衝撃。

この発想どこの業界でも使えると思いませんか?
いかがでしょうか?

ポイント!!
『2つ目1円』式の表記方法を利用する

 

たとえばスーツで言うと、2着目一円と見たら、あなたはどう感じますか?

「一つだけ欲しいのに2つも要らないから安くして!」と感じませんか?

これが欲しい人の心理です。

安いものが欲しいのではなく、高いものを安くしてほしいのです。

当然ながら、ただ半額セールで高い表記の品を50%引きにするより、2着目1円と表記されていた方がインパクトがあり、他の商品との価格関連設定もある為、必ず他の売り場へ行っても「2着目1円」が頭から離れません!

既にこれは、脳が反応している事になります。

「高いけど・・・立派なスーツを2着買ったと思えば安いかな?」という葛藤を、見た人の頭の中で勝手に繰り広げて貰えます。

 

このような戦略マーケティングを、実際にネットビジネスでも使っていけば、より効果的に集客できます。

前回の「特典内容を見直す」事も盛り込んで考えてください。

特典はただ付ければ良いという問題ではなく、いかに上手く利用するか?です。

一つ目の条件と、二つ目の条件と…とステップを付け加える事で、よりコンテンツが引き立ちます。

肝心なのは、誘導文章へプレゼントを設定するなら、そのプレゼントの価値を50%オフに下げずに「特別な物凄い特典」のインパクトつける事と、

一つ目を受け取ると二つ目を受け取らずにはいられない連鎖を作る事です。

 

 

 

 

Copyright (C) 2017 RAISE NET All Rights Reserved.